ショッピング枠の現金化について詳しい説明や方法

ショッピング枠現金化の方法
ショッピング枠の現金化というのは、クレジットカードのキャッシング枠を使い切った場合でも「ショッピング枠」を使用しクレジットカード支払いが行えるという物です。

キャッシング枠の現金化があれば当然「ショッピング枠の現金化」も存在し、ショッピング枠で購入した品を売却し利益を得たり、業者に依頼しショッピング枠を現金に変換してもらえるといった具合にです。

どちらの方法も現金化に有効な反面、クレジットカード会社にマークされる危険性も同時に孕んでいることも特徴的です。

最悪クレジットカードの使用を禁止にされるという処置をほどこされる可能性があり、そうなってしまえば当然クレジットカードでの支払いを行う事は叶わなくなります。

クレジットカードのショッピング枠の現金化は使用者個人を特定して罰することのできる法律は現段階ではありません。

クレジットカード会社が推奨する方法でもなく、これをやられてしまうとクレカ会社にとっては不利益を被ることになるので会社側も独自のシステムで高い還元率を持つ商品の購入には目を光らせているのです。

クレジットカードの現金化と利用規約について

そもそもクレカの現金化は「利用規約」で禁止されている旨の項目が存在し禁止行為となっており、当然この規約を破ってしまうとクレカの利用停止が行われ、場合によっては不正なトラブルに巻き込まれる可能性を秘めています。

それでも現金が欲しいという人は世の中には後を絶たず、業者を利用したりフリーマーケットサイトで現金をショッピング枠で購入するなど時代が変化するごとに現金化の方法も多様化しています。

現金化の注意勧告と利用に当たる注意点

「日本クレジット協会」や「国民生活センター」では消費者の皆様にこれらのような現金化に対する警告を勧告しており、注意を呼び掛けてはいますが依然として利用者は多数を占めているのが現状です。

よく勘違いされる方も多いのですが、ショッピング枠やキャッシング枠で現金化したお金はそもそも借金となり、結局は支払わなくてならない取引です。

お金を返せる見込みのない人は現金化を利用するのは確実に身を亡ぼす行為ですし、その様な人は早い段階でクレジットカードの利用を停止されることは請け合いです。