お肌のために眠ることは大切!睡眠不足と黒ずみの関係とは?

睡眠と黒ずみの関係
「睡眠不足はお肌に良くない」と言いますが、まさにその通りになります。美容のために睡眠をしっかり取ることは大切なことであり、睡眠不足になるとお肌に悪影響を及ぼしやすくなり、黒ずみの原因にもなります。

それでは、睡眠と黒ずみにはどのような関係があるのでしょうか?早速見ていきましょう。

黒ずみが改善しないのは睡眠不足が原因?

睡眠不足がお肌に悪いということは、多くの方が知っているかと思います。普段、黒ずみのためにしっかりとスキンケアをしていても、睡眠不足になると肌の状態は悪くなり、黒ずみを治すことは困難になります。

それほど、しっかりと眠るということは、黒ずみを改善させるのに大事なことなのです。歳のせいで黒ずみやシミなどが治らないと思う方も多くいるかと思います。

ですが、歳のせいにする前に、普段、睡眠が足りているのか確認することも大切です。もしかして、黒ずみなどの肌トラブルが改善しないのは、不規則な生活による睡眠不足が原因になっているかもしれません。

では、睡眠不足になると黒ずみが改善しにくくなる理由を解説していきます。

質の良い睡眠をしっかりと取ることが大切

黒ずみを改善させるには、肌が生まれ変わる機能であるターンオーバーが重要になります。ターンオーバーは遅くても、早すぎても肌に良くありません。正常に機能することが大切になります。

このターンオーバーが正常に機能していると、黒ずみやシミなどの肌トラブルが改善しやすくなります。ターンオーバーは睡眠中に働きやすくなります。

特に、22時~2時のゴールデンタイムと呼ばれいる時間帯は成長ホルモンが分泌されやすく、ターンオーバーが活発になります。そのため、遅くても24時までには眠ることが大切になりますが、最近では、入眠してから3、4時間後に成長ホルモンが分泌されやすくなるともいわれています。

そのため、眠る時間よりも、質の良い睡眠をしっかりと取ることが大切だと言えます。

質の良い睡眠を取るには

先程の説明で、黒ずみ対策には質の良い睡眠をしっかり取ることが大切だということが分かったと思います。

ですが、中には寝つきが悪かったり、睡眠が浅いという方もいるかと思います。その方のために、質の良い睡眠の取り方を簡単に説明していきます。

まずは、寝室の環境を良くすることが必要になります。その環境といのが、できるだけ寝室を暗くすることになります。寝室が明るいと脳を刺激してしまい、睡眠の質が悪くなってしまうので、寝室はできるだけ暗くしましょう。そのため、光を通しにくいカーテンなどを利用することをおすすめします。

その他にも、眠る前にパソコンやスマートフォンを使わないことや、眠る2、3時間前までに食事を済ませることなども大切になります。

また、カフェインやアルコールの摂取は睡眠の質を低下させてしまうため、それらの飲み物は避けるようにしましょう。

【関連】https://kubiibobuster.net/kurozumi/