青汁にはどのような効果があるの?原材料別にご紹介

青汁の原材料
昔から野菜不足を解消し、健康を維持する目的で飲まれていた青汁。以前は青汁=苦い・まずい…というイメージが強かったのですが、最近では飲みやすく美味しい青汁がどんどん登場しています。

ただ、これだけ商品が増えてくると、いったいどれを選んで良いのかわからなくなってしまいますよね。

この記事では、大麦若葉や明日葉・ケールなど、青汁の原材料別にどのような効果があるのかをまとめてみました。

大麦若葉

大麦若葉は青汁の原料として非常にポピュラーなものですね。その名の通り大麦が稲穂を付ける前の若い葉のことで、抹茶に近い味で飲みやすくクセが少ないのが特徴です。

大麦若葉にはカルシウムや亜鉛、鉄分、ビタミンC、β-カロテン、食物繊維など、体に良い成分がバランスよく含まれています。

また、体を酸化させてしまう活性酸素を除去する働きのある「SOD酵素」が含まれているのも大きな特徴。

このSOD酵素の働きにより、高血圧や糖尿病・動脈硬化などの生活習慣病を防ぐ効果もあるとされているんですよ。

明日葉

明日葉は「今日摘んでも明日にはまた新しい芽が出る」と言われることからその名が付いたとも言われており、非常に生命力の強い野菜です。

そして明日葉に含まれる栄養素として特徴的なのは「カルコン」と言う成分。カルコンはポリフェノールの一種で、血糖値を下げたり脂肪燃焼を促進する働きを持つ「アディポネクチン」と言う善玉ホルモンを増やす働きを持っているとされます。

ですから、ダイエットを目的とする人、メタボが気になっている人などにはオススメだと言えますね。

その他にも、セリ科の植物に含まれる「クマリン」と言う成分が含まれており、血流を改善してむくみを改善する効果があるとされています。

ケール

ケールはビタミンやミネラルを豊富に、かつバランスよく含んでおり「緑黄色野菜の王様」とも呼ばれているほど栄養豊富な野菜です。

味は苦みがあって飲みづらいことも多いのですが、それは栄養豊富だからこそとも言えますね。

その他にも動脈硬化を防いだり血糖値を改善するなど生活習慣病を防ぐ効果や、目の健康に役立つルテイン、睡眠を促す効果のあるメラトニンなども含まれているんですよ。

また、食物繊維が豊富なので便秘を改善して美肌効果があるなど、美容にも様々な効果が期待できます。

飲みづらい場合は牛乳や豆乳で割るとまろやかになって飲みやすくなりますので、是非試してみて下さいね。

【関連】ダイエット効果がある青汁比較 | フルーツ系青汁の飲み方まとめ